クラシックカー好きのためのBlog。

バトルスのアルバム『ドロスグロップ』

ゲイリー・ニューマン、マティアス・アグアーヨ、カズ・マキノ、山塚アイがゲストとして参加したアルバム「グロス・ドロップ」のリミックス展開、「ドロスグロップ」が注目を集めています。注目を集めているグロップの評判

 

ニューヨーク出身のバンド、バトルスのサードアルバムの位置付けとなっており、そうそうたるリミキサー陣を起用した、贅沢なアレンジングがファンにはたまらない仕上がりとなっています。退屈さを嫌う彼らならではのバラエティに富んだトラックをラインナップしており、いずれも別々の個性がプラスされたユニークさ楽しめる一枚です。

 

 

原曲の特長としては、ループ要素を多様している点が挙げられます。一般的なエレクトロニック・ミュージックにも通ずる聴きやすいサウンドは、それまでのひたすらオルタナティヴを追い続けていた彼らのスタンスからは少し外れるものの、より多くの層に受け入れやすい進化と言えます。

 

かつ、60年代のガレージ・バンドのような、単調性は避ける傾向にあります。そこには「ロック・バンドでありたい」と言うメンバーの強い意思が反映されており、実験的かつ刺激的な前衛ミュージックを、さまざまな変遷を経つつ表現し続けています。

 

 

中でも大きな衝撃と言えば、やはりバンドの音に大きな変革をもたらすきっかけとなった、フリー・ジャズ界の巨匠である、アンソニー・ブラクストンを父に持つタイヨンダイ・ブラクストンの脱退です。

 

2009年にソロアルバム「Central Market」のリリースを最後に、ボーカルと言う重要な位置を担当していたにもかかわらず、抜けてしまいました。もとがインストバンドとは言え、声のラインも効果的に活用していたそれまでのバトルスを、表現できなくなってしまいました。そこでプロジェクトされたのが、「グロス・ドロス」における、ゲストボーカル・作家陣とのコラボレーションだったのです。

 

 

それまでヒリヒリ感の押し出された、攻撃的でもある音像が特長的だったバトルスは、その作用によってよりブライト感のある、聴きやすさも兼ね備えたものへと進化を遂げました。

 

ポップなナンバーでも評価を受ける、ギャング・ギャング・ダンスの起用などはまさにその代表的な例と言えます。ダンステクノを得意とする彼らの感性が加わり、コア路線のバトルスは一気にグルーヴを得る形となったのです。

 

 

他にも、主立っては6名のリミキサーが参加しラインナップを彩った同作。バトルスファン、そしてこれまで存在を知らなかった方にとっても、嬉しい衝撃の感じられるこだわりのアルバムとなっています。

現行の一般的な車両と比較して、クラシックカーの場合には、車両本体やパーツの年式が古く、製造が終了していて手配するのが難しいことが少なくありません。

 

そうした事情によって、クラシックカーの場合、交通事故に遭った時、損傷した車両を修理したり、新しく車両を購入したりするための費用が割り合い高くなるという問題があります。

 

そういった事情があるにもかかわらず、自動車保険を取り扱う損害保険会社の中には、市場に出回っているクラシックカーの価値を考慮に入れず、独自の時価評価額によって車両の価値判断をおこなうところが少なくないようです。

 

そういう風に、市場価格と、保険会社の評価額との間には差異があるため、クラシックカーの場合、車両の受けた損害を補償する保険に加入することが認められなかったり、加入は出来たとしても、補償される金額が少な過ぎたりするという問題があります。

 

そうしたトラブルを招かないようにするため、旧車の市場価値を考慮に入れた補償金額を提供する自動車保険商品も登場してきております。

 

また、契約した車両が事故に遭った時の修理費が、契約金額を上回る場合、保険金がおりるという特約を設けている保険会社も存在します。

 

そのように、クラシックカーの市場価値を認めようという動きが高まっているという話を聞いて、車の好きな私も、その種の車両を購入したいという気持ちになりました。

 

後は、収入や貯蓄を増やして、金銭的な問題を解決したいと思います。

生産された当時からクラシックカーを所有している人が存在する一方で、その種の車両を専門的に取り扱っている店舗で、整備の終わった中古車を購入したり、整備されていない車両を買って、自らレストアをおこなったりする愛好家も少なからず見受けられます。

 

クラシックカーの場合には、経年劣化やたび重なる使用による摩耗、損傷などが激しく、故障などのトラブルが発生するリスクが低くはないという問題があります。

 

そして、新車や、比較的年式の新しい中古車とは違って、それらの問題が生じた時に、適合する修理用パーツの製造が終わっていたり、在庫が無かったりする可能性が高いという難点もあります。

 

それらの問題を解消するためには、愛好家同士で、手持ちの部品を交換、もしくは売買したり、工場などへ特別注文をしたり、みずからパーツを作成したりするなどとった選択肢があります。

 

私と同じように車を愛好する友人からも、それらの部品を手配するために苦労したという話を聞かされたことがあります。

 

そうした問題に対処するためには、愛好家同士のコミュニケーションを深めたり、積極的に情報交換をおこなったりすることが大切です。そのようなニーズを満たすために、クラシックカーをこよなく愛する人たちによって構成された、旧車会などといったオーナーズクラブも存在します。

 

そうした団体が主催するレースや、走行会などといったイベントも開催されていますので、チェックしてみて下さい。

ヒストリックカーやクラシックカー、旧車、Q車などと呼ばれるのは、主として数十年以上前に製造された車両のことを意味します。

 

そうした特性を有する自動車やオートバイに類似した車両の呼び方として、ビンテージカーやノスタルジックカー、ベテランカーなどが挙げられます。

 

それらの呼称には、それぞれ微妙に異なるニュアンスがあるものと思われますが、明確な線引きがおこなわれていないケースも少なくないようです。

 

一般的に、新車よりも中古車の方が、長い年月の経過やたび重なる使用によって、劣化や損傷、故障などが多く、性能の面で劣るため、価値が低いと考えられています。

 

しかしながら、クラシックカーの場合には、そうした機能的な側面よりもむしろ、古き良き時代の雰囲気を感じさせる独特のフォルムやデザイン、プレミア性の高さなどに価値が見出される傾向があるようです。

 

その辺りの事情から、それらの車両を実用目的ではなく、収集してみずからのコレクションに加えたり、乗車せずに大切に保管したりする人も少なからず見受けられます。

 

車好きの私も、その種の車を購入したいのは山々なのですが、なにぶん先立つものを用意することが出来ず、残念に思っている昨今です。

 

ヒストリックカーの中には、既に製造、販売が終了しており、入手することが困難な車両も少なくないそうです。

 

そういう風に、希少価値が高い事から、それらの車両は、一般車よりも高い金額で取り引きされることが多いようです。

若い頃から、クラシックカーを愛好していたオーナーの中には、自身が高齢になったり、車両の維持が難しくなったりした事を理由にして、止む無く愛車を手放すはめになるケースも少なくないようです。

 

その一方で、若年層の人たちの中には、年式の新しい車よりも、クラシックカーに興味や関心を持つ人も存在すると言われております。

 

その種の車両は、年式が古いために、車両本体やパーツの製造が終了しているケースが少なくありません。

 

その辺りの事情から、修理やメンテナンス、チューニングなどをおこなうに際して、適合するパーツが見つからず、作業が難航する可能性が高くなるという問題があります。

 

そうしたリスクを軽減するために、昨今では、現行車両に使われている部品を、クラシックカーの補修、カスタムに利用しようという動きが高まってきているそうです。

 

そのような風潮がより一層強まれば、クラシックカーの持つ独特な雰囲気と、現行車両の優れた機能性を兼ね備えたコンプリートカーが数多く登場してくると思われます。

 

現在でも、実際に、スワップチューニングや大掛かりなボディの補強をおこない、そのような特性を有する車両を作り出して、販売するショップもあるそうです。

 

そういった車は、古き良き時代の息吹を感じさせるビジュアル性を有するばかりか、経年劣化や故障などのリスクも低いというメリットがあるため、車好きの私にとっては、喉から手が出るほど欲しいものになります。